红色中国网

 找回密码
 立即注册
搜索
查看: 1271|回复: 2

中年人发胖是因为他们的新陈代谢比年轻人慢? [复制链接]

Rank: 8Rank: 8

发表于 2021-9-21 11:06:06 |显示全部楼层
本帖最后由 马列托主义者 于 2021-9-21 19:34 编辑

下面为我的译文

研究发现,中年人发胖是因为他们的新陈代谢比年轻人的慢的认识是错误的(那到底为什么呢)


如果你发胖了,不能再穿以前的衣服,你可能在想:"我以前年轻时可以想吃什么就吃什么。 "与这种流行的看法相反,美国杜克大学的研究人员发现,20多岁和60多岁的人的能量消耗几乎是一样的。

已有关于代谢随年龄变化的研究,但其中大多数是测量基础代谢,或基于休息时消耗的卡路里的最低生活所需能量。 然而,我们只用了50-70%的卡路里用于生存,因为我们消耗了大量的能量,不仅仅是呼吸和心脏跳动,还包括运动、思考和其他活动。

因此,杜克大学的研究员赫尔曼-庞泽和他的团队使用一种叫做 "双标水法 "的技术来确定所有年龄段的人的每日总能量消耗。

双标记水的方法使用氢和氧的稳定同位素,这是水的组成成分。 正常的水主要由质量数为1的氢和质量数为16的氧组成,与之相反,在这种方法中要求参与者喝的水含有大量质量数为2的氘和质量数为18的氧-18。 双重标记的水与体内的正常水均匀混合,但氧-18的浓度在高度活跃的人身上很快变得稀薄,因为他们使用更多的氧气。 利用这一原则,双标水法被认为是确定每日总能量消耗的最佳方法,因为它可以用来确定总能量消耗,包括通过活动消耗的能量。

庞泽和他的同事使用双标水法确定了全世界29个国家6600名年龄在一周至95岁之间的人的能量消耗,并发现20至60岁年龄组的热量消耗几乎没有变化。

当《纽约时报》问及对这项研究的评论时,美国潘宁顿生物医学研究所的Leanne Redman说:"这是一篇非常重要的论文。 她说:"它将出现在教科书中。


该研究还发现,一个人的新陈代谢在一生中可分为四个阶段

1.能量消耗从婴儿期开始急剧上升,在孩子满一周岁时达到成人水平的50%以上。
2.从1岁到20岁,新陈代谢每年减少约3%。
3.从20岁到60岁,新陈代谢的变化是稳定的。
4、60岁以后,新陈代谢每年下降约0.7%。

人们还认为女性的新陈代谢比男性低,但在对身体大小和肌肉质量进行校正后,发现两性之间没有差别。
庞泽特别惊讶地了解到,在一岁之前,儿童燃烧的卡路里是成人的一半。 在评论这一结果时,他说:"当然,必须有一些能量分配给生长,但即使考虑到这一点,考虑到身体的大小和组成,能量消耗的增加也超过了我们的预期。 他说:"婴儿的细胞里有一些东西在运行着,使新陈代谢更加活跃,但我们还不知道它是什么。

庞泽还评论说,他曾预计青少年在进入青春期后会消耗更多的卡路里,但没有想到会有这样的变化。

研究人员希望,他们的研究强调了在人类发育和老化过程中发生的代谢变化,将导致更好的剂量和适合儿童和老年人的医疗保健

使用道具 举报

Rank: 8Rank: 8

发表于 2021-9-21 11:12:47 |显示全部楼层
我现在发现破电脑老是卡,个人量子计算机什么时候能普及?

Metabolism Changes With Age – But Exactly When Is Quite Surprising
https://scitechdaily.com/metabol ... s-quite-surprising/

「中年は若者より代謝が少ないので太る」は間違いの可能性、エネルギー消費は20代から60代までほとんど変化がないとの研究結果

太ってしまったせいで昔の服が着られなくなった人の中には、「若い頃は何を食べても太らなかったのに」と嘆いたことがある人も多いはず。「若者は代謝が活発で、中高年になると代謝が落ちるので太ってしまう」と言われることもありますが、そうした一般的なイメージに反して「エネルギーの消費は20代の若者も60代の人もほとんど変わらない」との研究結果が、アメリカ・デューク大学の研究者らによって発表されました。

加齢に伴う代謝の変化に関する研究はこれまでにも行われてきましたが、そうした研究の多くは安静時の消費カロリーなどを元に算出した基礎代謝、つまり生きるのに最低限必要なエネルギーを計測するものがほとんどでした。しかし、人間はただ呼吸をしたり心臓を動かしたりするだけでなく、運動や思考などの活動により多くのエネルギーを消費しているため、生存のために使っているカロリーは消費カロリー全体の50~70%程度に過ぎません。

そこで、デューク大学の研究者であるハーマン・ポンツァー氏らの研究チームは、「二重標識水法」という手法を使って、あらゆる年齢層の人々が1日に使う総エネルギー消費量を調べる研究を行いました。

二重標識水法とは、水の構成成分である水素と酸素の安定同位体を使った測定方法のこと。通常の水を構成する水素は質量数が1、酸素は16のものが大半なのに対し、この手法で被験者に飲んでもらう水には質量数が2の重水素と、質量数が18の酸素-18が多く含まれています。二重標識水は体内で普通の水分と均一に混ざりますが、活動量が多い人は酸素を多く使うため、酸素-18の濃度が素早く薄くなります。この原理を利用すると、活動により消費されたエネルギーも含めた総消費量が求められるので、二重標識水法は1日の総エネルギー消費量を調べるのに最適な手法とされているそうです。

ポンツァー氏らが、二重標識水法を使って世界29カ国に住む生後1週間から95歳までの6600人の消費エネルギーを調べたところ、20歳から60歳までの年齢層では、消費カロリーがほぼ横ばいなことが判明しました。

この研究結果について、ニューヨーク・タイムズからコメントを求められたアメリカのペニントン・バイオメディカル研究所のリアン・レッドマン氏は「極めて重要な論文です。きっと教科書に載ることでしょう」と話しています。


今回の研究ではさらに、人の代謝は一生の中で次の4つの段階に分かれることも分かりました。

1.乳児期からエネルギー消費が急上昇し、1歳の誕生日を迎える頃には成人の50%以上に達する。
2.1歳から20歳までは年に約3%ずつ代謝が低下する。
3.20歳から60歳までは代謝の変化が安定する。
4.60歳以降は年に約0.7%ずつ代謝が低下する。

また、これまでは男性に比べて女性は代謝が少ないと考えられてきましたが、体格や筋肉量を補正した結果、男女間の差はないことも判明しています。
ポンツァー氏を特に驚かせたのが、1歳までに成人の半分のカロリーを消費するようになるということです。この結果について同氏は「もちろん成長に振り向けられるエネルギーもあるはずですが、それを考慮しても体の大きさや身体組成から予想されるエネルギー消費量の増加が予想以上でした。赤ちゃんの細胞内では代謝がより活発になる何かが起きているようですが、それが何かはまだ分かっていません」と述べました。

またポンツァー氏は、思春期を迎える10代の子どもは消費カロリーが増えると考えていましたが、そうした変化が見られなかったことについても予想外だったとコメントしています。

研究チームは、人間の発達と加齢に伴う代謝の変化を明らかにした今回の研究により、子どもや高齢者に対する薬の投与量の設定や年齢に応じた健康管理がより適切に行えるようになるとしています。

使用道具 举报

Rank: 8Rank: 8

发表于 2021-9-21 11:14:36 |显示全部楼层
中年人发胖是因为运功少了

奥巴马吃惊习每天游一万米还那么胖,是因为翻译罕见出错

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

Archiver|红色中国网

GMT+8, 2021-10-16 05:11 , Processed in 0.017206 second(s), 10 queries .

E_mail: redchinacn@gmail.com

2010-2011http://redchinacn.net

回顶部